Memory Status

Memory Status は iPhone および iPod touch 用のアプリケーションで、次の機能があります。

メモリの状態を表示

プロセスの一覧を表示

メモリの掃除

Memory Status サポートページ

iPhone / iPod touch 用アプリケーション Memory Status のサポートページです。

>> English <<

iPhone OS 3.0上での既知の問題点

2009-06-19

iPhone OS 3.0上では、Cleaning画面にiPodのプロセルが起動している状態でも、iPodのアイコンが表示されません。これはiPodのプロセス名が「MobileMusicPlaye」から「MobileMusicPlayer」変更されたことが原因です。

また、同様の理由からプロセス一覧のiPodのアイコンが「?」で表示されてしまいます。

上記の問題点は認識しており、アイコンやデザインの修正を含め、アップデートをAppStoreに申請したのですが、審査を通ることができませんでした。 デザインや問題点の修正をご提供できず、大変申し訳ございません。

なお、iPodのプロセス名が変更されたことで、クリーニング機能への影響はございません。

お知らせ

2008-12-12 Memory Status を Version 2.0 に更新致しました。

こちら のリンクから iTunes 経由でご購入いただけます。

Memory Status

メモリの状態を円グラフで確認することができます。 詳細は、パーセントとバイト数(MB単位)で表示されます。

「i」の情報ボタンを押すと、各項目の説明が表示されます。

右上の更新ボタンを押すと、最新情報に更新されます。 更新ボタンを押さなかった場合でも、画面を移動して再表示した場合は、 最新情報に更新されて表示されます。

Free (空き) と Inactive (現在非使用中) の合計量に応じて、円グラフの背景色が変化します。

Running User Processes

起動中のユーザプロセスの一覧を確認することができます。主要なアプリケーションは、アイコンも表示されます。

Cleaning Memory

メモリを掃除して空き容量を増やすことができます。 この機能では、主な常駐アプリケーションを終了させることで空き容量を増やそうとするため、 常駐アプリケーションが起動していない場合には、掃除の実行はできません。

メモリの掃除には、およそ10秒~30秒の時間がかかります。

掃除中にMemory Statusが終了することがありますが、その場合もメモリの開放は有効的に行われるでしょう。

※ Level1とLevel2の違い ※

  • Level1 ... Safariを終了することで空きメモリを確保しようとします。Safari以外のアプリも終了することがあります。
  • Level2 ... Safari, Mail, iPod の3つ全てを終了することで空きメモリを確保しようとします。
  • Safariしか起動していない場合は、Level1とLevel2の間に違いはありません。

※注意※ iPodで音楽を再生中にメモリの掃除を行うと、システムにより負荷がかかるためお勧めしません。

Tips

主要アプリが何も起動していないにも関わらず、Wired(固定中)と Active(使用中)の量が多い場合には、 一度 Safari を起動した後に、掃除を実行すると、大きく Free(空き)が増えることが多いです。

サポート

このアプリケーションに関してのお問い合わせやご要望などは、以下のメールアドレス宛にご連絡下さい。

honma-k@classact.co.jp